tinybirdのひとりごと

すきなもの。気になるものなど。雑記帳。

秋の長雨いつまで続く

やけに雨天が多いなあと感じる、今日このごろです。

天気予報で「秋の長雨(あきのながあめ)」という言葉をよく耳にするようになりました。

  秋に雨降りの日が続くと、こんなふうに呼ばれますね。

秋雨(あきさめ)、秋霖(しゅうりん)と同様に、このところのお天気にしっくりくる言葉です。

 秋雨前線(あきさめぜんせん)という言葉もよく聞きますね。

詳しいメカニズムはわからないけれど。

この時期、夏の猛暑をもたらしていた太平洋高気圧が次第に弱まり、大陸のほうからは、冷たい高気圧がやってくる。すると相反する高気圧がぶつかり合う格好となり(これが秋雨前線)大気を不安定にさせ、秋雨前線が停滞していると、雨が降る日が多くなるのですよ。

 みたいな話を お天気のコーナーで聞いたことがあります。

暑と寒の大気が、おしあいへしあいしているような イメージでしょうか。

秋がやってきているのに、夏がいつまでも居座ろうとしているような。

 そろそろ、 カラッと晴れた秋空が、待ち遠しいかぎりですね。